特殊なケースにも対応してもらえた大田区での葬儀

音楽葬感情は感情が高ぶり本当に素晴らしいお葬式

親戚が大田区の葬儀社と交渉してくれた音楽葬感情は感情が高ぶり本当に素晴らしいお葬式大田区には良い葬式ホールが多い

祭壇もモダンな雰囲気で花も上品に飾っていただけて、叔父が不謹慎ながらも部下の結婚式での飾りより美しいと絶賛するほどでした。
イングリッシュガーデンや紅茶を好んだ大叔母の好みにもとても合うとして叔母も涙目で褒めちぎり、亡くなってから1年後という時間のおかげで落ち着いて大叔母の思い出に浸れる雰囲気がとても良い感じとなりました。
葬儀が始まってからも静かな感動が続いている感じで、お葬式というよりは本当に品の良いお別れ会というムードの中、大叔母の友人の方々がフルートやバイオリンの献奏をしてくださり、参列者全員の感激は最高潮となり本当に素晴らしいお葬式になったという確信が生まれた瞬間でした。
後で叔父がまた部下の結婚式と比べる話をして、クラシック音楽はさすが上品さが全然違うとかなりの興奮状態になっていたほどです。
最近は音楽葬も多くなって来ているということですが、その理由がものすごく実感できたお葬式になったと思いました。
大叔母はもう火葬を済ませた後だったので、お別れの儀も湿っぽさがなく大叔母の友人による英語詩の朗読があり、それがまたモダンな上品さがあって献奏に続いて感動が盛り上がるポイントになっていたと思います。
感動したという思い出ばかりで悲しみという雰囲気としては今一つという点で、人によってはお葬式なのに不謹慎と思うかもしれないと考えますが、当日のことを思い出すと本当に「感動的で良かった」という気持ちのほうが大きくなりますので、入院するまでは凛とした雰囲気で元気に一人暮らししていた大叔母のためにも良かったと、家族や親戚一同で今も語り草になったものです。